ホテル グランヴィア京都 ウエディングサロン施主 /JR西日本ホテル開発竣工 /2017年

用  途
/ホテル
延床面積
/対象改修面積380m²
構  造
/SRC造+S造
所在地
/京都駅ビル内
建築面積
/ーm²
階  数
/地上4階に位置する/24階  

2017年の京都らしく、コルトレーンのJazzの響きのように

ホテルグランヴィア京都は、1997年原広司氏のデザインにより、京都駅ビルの中の一角の中に竣工した。
通常のホテルでも、改修には制約がたいへん多いものだが、駅ビルとなると駅を止めることが出来ないことに始まって、動線、防災上のことまでたくさんの複雑なパズルを1年掛けて解いた。

概要は、ざっと以下の通りの手順。
1. ホテル事務室・役員室を、隣のエリアに移動
2. 空いたこのエリアに、宴会営業室とウエディングサロンを作る
3. 元ウエディングサロンは、小宴会場とフィットネス(テナント)に
4. 中3階に、ホテルのラウンジをデザイン展開する

空いているスペースが無いので、順繰りの根気強い改修である。
ホテルの至るところに、原広司氏のデザインが、展開している。
竣工後20年経過して、今後もずっと引き継いでいくべき完成度の高い空間(exロビー)は、そのままにした。商業施設として、機能、時代の空気感、そして、京都という特別な地も反映するデザインは何かと自問自答して、ミッドセンチュリーのJazzのイメージをなぞった。

グランヴィア京都4階_01

グランヴィア京都4階_02

グランヴィア京都4階_03

グランヴィア京都4階_04

グランヴィア京都4階_05

グランヴィア京都中3階_01

グランヴィア京都中3階_02

グランヴィア京都中3階_03

グランヴィア京都中3階_04

グランヴィア京都中3階_05