芳欄亭施主 /合資会社 魚長商店竣工 /1991年2月

用  途
/料亭・住居
延床面積
/1,143m²
構  造
/ー
基本情報
/清水建設在籍時作品 Award:日本建築学会作品選集
所在地
/愛知県名古屋市中区
建築面積
/ーm²
階  数
/地上4階  

歴史のイメージの継承と発展

それは、現代の“粋”の表現です。一見近代的な装いを取りながら、本質的なところでは、伝統が深く染み込んでいる平成の日本を表現することです。
外観は、全く近代的な材料(それは、アルミパネル、石等ですが)によりシンプルに“和”を現しています。
内部においては、伝統を継承(それは、極めて創造的な行為です)することにより、人々の感性に訴えています。
具体的には、各部屋のしつらえは無論のこととして、一つ一つの部位も現代の名匠の技の共演によっています。例えば、木工事は東京木工所の棟梁により、襖は無形文化財指定 唐長十一代目千田氏の手によっています。
また、マチエールによるイメージの喚起を促すために、昭和の始めの既存家屋び優れた材料(現代では、入手困難です)、例えば“蘭”の文字を掘り込んだ瓦、けやきの框、踏み板、飾りガラス、石庭etcを至る所で用いています。

芳欄亭02

芳欄亭01

芳欄亭03

芳欄亭04